家族葬の特徴と注意点

人気の家族葬とはどのようなものか解説しています。

昨今葬式に関する考え方が大きく様変わりしています。
葬儀は30年前と比較しても大きく変化してるのです。
それはライフスタイルの変化や経済状況、故人の年齢など様々なことが作用してます。
特に最近では家族葬を選択する人が多くなっているのです。
この争議方法の特徴は一体何なのか、また注意点は何かを当サイトではご紹介していきたいと思います。
このサイトを読んでいただければ、後悔の無い素晴らしい葬儀が執り行えることでしょう。

家族葬とは?家族などの近親者だけでゆっくりお別れできる家族葬の特徴と注意点について

家族葬とは?家族などの近親者だけでゆっくりお別れできる家族葬の特徴と注意点について 近年、家族葬を選択する人が非常に多くなっています。
それは日本の景気が右肩下がりで、葬式に多くのお金を掛けられない人が多くなっていることも一つの理由としてあげられます。
家族葬の特徴として、親族など身内だけで行う小規模の葬儀であるということです。
知人や会社関係の参列者がいないので、故人とじっくり向き合い人目をはばからず泣いたり語り掛けたりもでき、アットホームで素晴らしい葬式になります。
家族葬を行うにあたって注意しなければいけない点は、葬儀費用の相場を把握することです。
無知な人が多く、そこに付け込んで多くの費用を請求したり、追加料金が頻繁にある悪徳郷社もいるので注意が必要です。
そのため数社から見積もりを取って相見積もりをし、相場を把握しいちばん良心的で見積もりが明瞭な業者を選択すべきです。

家族葬を執り行う際の流れやポイントについて

家族葬を執り行う際の流れやポイントについて 近年日本で身近であり、年々需要も高まっているのが家族葬です。
しかしごく身近な人で執り行われることもあり、参列したことがなく流れがわからないという人も多いのではないでしょうか。
規模が小さいということ以外は、一般葬と大差はないと頭に置いておくようにしましょう。
喪主を決めて死亡診断書の記入をし、その後は依頼する葬儀社を決めることになります。
葬儀社は早い段階で選びプランも事前にある程度決めておくと、いざという時に焦る必要もなくなります。
葬儀社と打ち合わせをして、明確な内容や日時、場所などを決めましょう。
親族など家族葬へ参列してもらう人への連絡はもちろん、呼ばない人への連絡も欠かせません。
一般的な葬儀と内容には大差はありませんが、家族葬の場合には規模を小さな葬儀を得意としている葬儀社に依頼するということが重要なポイントとなってきます。
家族葬を執り行った実績が豊富にあり、希望をきちんと聞いてくれるのはもちろんのこと、適したアドバイスや提案をしてくれて安心して任せることができるのかに注目しておくべきです。
依頼先により葬儀に対する満足度にはかなり大きな差が生まれるので、しっかり比較して希望に合う葬儀社を選ぶようにしましょう。

家族葬と一般葬の行われる割合はどのくらい?

お葬式のスタイルの中でも標準的なものを一般葬といいますが、一般葬は家族や親族、知人や会社の関係者、故人などと生前親しかった友人など参列する人の範囲が非常に広いため親戚などの数が多い人や知人の数が多い場合など大勢の参列者が訪れることも珍しいことではありません。
これに対し、家族葬はごく一部の人だけで故人の冥福をお祈りするお葬式で、家族だけの場合もありますし親族や生前に親しかった知人だけ、数名だけで行うことも少なくないので小さなお葬式と呼ばれることもあります。
一般的には、一般葬もしくは家族葬のいずれかでお葬式を執り行うケースが多いのですが、一日葬や直葬などで行うケースもゼロではない、その割合は全体の約1割程度です。
一般葬の場合は全体の約5割で家族葬は約4割とされているのですが、小さなお葬式を希望される人の数が多くなっていることからも今後の予測の中では一般葬と家族葬の割合は逆転するのではないかと考えることもできるわけです。

家族葬にかかる時間はどれほど短縮されるか

小さい規模で料金も安く、家族や親族だけで執りおこなう家族葬は、通常のお葬式と比べてどれほど短縮されるのでしょうか。
何かしらの式が省略されることはなく、全体の流れはお通夜とお葬式に告別式、そして火葬と流れは変わりません。
1日目の家族葬のお通夜には、普通の葬儀と違い家族以外は参列しないため焼香の時間も短くおよそ40~50分程度で終わります。
二日目のお葬式と告別式も参列者が少ないため、焼香が同様に短くこちらも40~50分ほどとなります。
その後は火葬場までの移動が通常0~20分ほどとなり、火葬自体は参列者に関係なく通常通り行われますので60分~90分が必要です。
家族葬の中にはお通夜を省略して一日葬を行うこともあります。
この場合は一日省略されるので、告別式のあと、出棺と火葬場への移動、火葬後のご収骨、ご散会で、告別式を含む家族葬の当日に4~5時間程度となります。
また、日数については亡くなった日を1日目とすると、通夜は2日目、告別式・火葬は3日目となり、3~5日程度で行われます。

家族葬のお焼香や参列の願いがない人の対応について

家族葬の場合、知人や会社の同僚など参列をお断りするケースが多いのですが、中には故人との関係で参列はしなくてもお線香だけをあげたいなどのように考えるケースも多いのではないでしょうか。
お線香をあげることは仏教における供養の一つで故人のためにお香を焚いて安らかに成仏して欲しい、このように願うことを意味します。
基本的に、仏式のお葬式の場合は家族葬や一般葬でお焼香のマナーや作法などは異なりません。
ただし、お線香をあげるときには立礼・座礼・回しの3種類のやり方があります。
なお、家族葬は家族および親族など故人との関係性が深いことや親しかった人だけで執り行うお葬式になるので参列する人は遺族からの願いがある人のみです。
そのため、遺族から連絡がない限り葬儀への参列は控えることが大切です。
仮に、会社の代表などで預かったお香典を届けるときには通夜の開式1~2時間前に伺う、お焼香も親族に尋ねた上で行うなどが大切です。

今、さまざまな家族葬プランを扱う葬儀社が増えています

少子化や核家族化、ご近所や職場での人間関係の複雑化など、様々な社会の変化に対応して、近年葬儀の形も多様化してきました。
なかでも、ご近所や職場関係者などは呼ばず、家族や故人と親しかった人だけで小規模に行う「家族葬」を選ぶ方の増加傾向がみられます。
葬儀社でも、家族葬に注目して、一般葬より費用を抑えた様々なプランを提供するところが増えています。
家族葬の良いところは、何といっても小規模であるため、喪主の希望や故人の遺志に添った式に出来る事です。
ご遺体の安置室や式を行うスペースのほか、キッチンや浴室・ダイニングを備えた、まるで家にいるような感覚で過ごせる造りの家族葬専用セレモニーホールを持つ葬儀社もあります。
そういったセレモニーホールは一日一組限定で、通夜の晩に故人との最期のお別れを気を遣う事なくリラックスして出来ます。
一般葬では叶えられない、個々のケースに合ったそれぞれのお別れが実現出来る葬儀は、年々需要が高まっています。

家族葬が増加している理由とその背景なついて

家族葬で大切な家族を見送る人が、増加傾向にあります。
家族葬が増えている背景としては色々なものが考えられますが、その中でも核家族化が進んだら少子高齢化社会になり派手な葬儀を望まない人や家族が増えているのも実情です。
家族葬では本当に近しい家族や親戚や友人のみが参列するため、心置きなく穏やかな気持ちで故人を送れるのもメリットと言えます。
又、これまでのような当たり前に行われていた派手な葬儀を行う経済的な余裕がない人や家庭が増えているといった背景も考えられます。
葬儀は小さく行っても100万円以上するのは珍しくありませんが、その余裕がない家庭が増えていたり必要を感じないため小さなお葬式の需要が高まっています。
家族葬の需要が増加するに伴って、さらに呼応した葬儀場も増えてきています。
生前相談なども行っているため、小さなお葬式を考えている方は相談してみてはいかがでしょうか。
無料で相談ができますし、何かあった時にもスピーディーな対応してもらえるのも魅力です。

家族葬に関する情報サイト

宝塚市で家族葬